2008年04月03日

着物で京都4.北野天満宮梅苑

すっかり桜の季節を迎えてしまいましたが・・・
『独特な時間の流れ』は結婚してもなおみぅの体内にあるようであせあせ(飛び散る汗)

今日は北野天満宮の梅苑の話ですたらーっ(汗)
着物で京都2週目、3月22日に行ってきました。
大学4年間北野天満宮の横の横のマンションに住んでいたみぅですが、
有料の梅苑に入るのは初めてです。

苑内には約1000本の梅が咲き乱れて・・・
a5CIMG0099.JPG←こんな感じですー(長音記号1)
花のつき方が桜と違うからでしょうか、
満開の桜がそのまま梅になった風景を
想像していたみぅとしては、正直
「あれ・・・?」
と思ったのは否めません(笑)

梅は種類によって咲く時期が正月から
3月終わりまでとかなり異なるらしい
ので一斉に咲き乱れ・・・とはいかないのかな?
でも全体的には見頃という感じでした♪

a4CIMG0096.JPGふっくら丸く紅白濃淡色んな表情の梅が
細いのに芯の強そうな枝についています。
桜のような迫力はないものの、
逆に桜にはない趣を感じました。

『桜梅桃李(オウバイトウリ)』
という『桜には桜の、梅には梅の、李(スモモ?)
には李の美しさがあるように、人それぞれの
良さがあるのだからそれぞれがそれぞれの良さを大切に・・・』という言葉があるらしいですが、
なるほど、と思いましたひらめき

a6CIMG0103.JPG桜よりも、低く咲いてくれるので間近に見れるのも
梅の魅力の一つ揺れるハート
低い木であれば身長153cmのみぅの顔よりも低い
所で咲いていまするんるん

本当に色々な種類があって、枝にぽつん、
ぽつんと咲くものから、
唐揚げ棒や東京コロッケのように
枝にどどどどどーexclamation×2と串刺しになった
ように咲くものまで、個性豊かです目

え?表現がいやしい(笑)exclamation&question

a7CIMG0102.JPGぽかぽかの日差しの下、
各々の個性のままに咲く梅を眺めながら
苑内を歩くと、とってもゆったりとした
時間が流れていきます。。。

齢90は超えていそうなおじいさんが、
立派なカメラでこの梅の一枝を真剣に
撮影してはりました。
きっと何年、もしかしたら何十年に渡って
この季節を梅と共に過ごしているのかも。
(勝手な想像)
そういう年の重ね方も素敵だなぁと
思いました。

a3CIMG0091.JPG新妻みぅは、ファッションにも
季節感をぴかぴか(新しい)・・・って着物は
そんなに持ってないので
お正月に着たものですが、
髪飾りにかわいい梅の造花かわいい
つけてみました黒ハート
船場心斎橋商店街の花びしという
季節の造花のお店で、1本80円くらいだったかなexclamation&question
セールだったので、紅梅と白梅両方手(チョキ)
つぼみや枝まで、精巧に出来ているので帯につけても可愛かったかもグッド(上向き矢印)

a8CIMG0104.JPG
天満宮の梅苑は大人600円と有料ですが、
中のお茶屋さんで茶菓子がついてきます喫茶店

Image727.jpg
ぽかぽか陽気の下、
ゆらゆらと風に揺れる
しだれ梅を見ながらの
休憩、和みます(´∀`)




Image729.jpgお茶菓子は紅梅の甘いお煎餅と、梅茶。
裏を見て初めて知りましたが、この御菓子
天満宮近く、" target="_blank">老舗有名和菓子屋さん老松
ものだそうですexclamation
4年間の憧れ、一度も食べられなかった
夏柑糖に思いをはせながらかぷりどんっ(衝撃)
煎餅は最初はパリ、として、中はふわ。
外の味は、皆さんおなじみ雪の宿をもっと
上品にした感じの甘じょっぱさが、何とも
あとひくお味ですレストラン
梅茶は、塩と、砂糖と、天満宮の梅やらが入ったお茶。
みぅにはちょっとしょっぱかったです(><)
飲み方間違えたのかな?少量ずつお湯に溶いた方が良いかもしれません。

梅苑を出て境内に入ると・・・
a10CIMG0106.JPG梅苑の外も十分綺麗じゃんっあせあせ(飛び散る汗)

後で調べたら、梅苑1000本、境内1000本で本数は同じなのですね。
しかも、階段あがった所から覗いたら梅苑も
見えるので、行かれる際は境内を見て、
上から咲き具合を見て、それから入るか
どうか決めても良いかもしれません(笑)

とはいえ、ぽかぽか日差しの梅苑は、とっても癒される場所でしたいい気分(温泉)




2008年03月30日

着物で京都3 粟餅所・澤屋の粟餅♪

着物で京都、第二週目はまず11時から高台寺で無料人力車♪

…の予定だったのですが…忘れてました…
観光シーズンの京都駅バス乗り場はえらい事になるという事を…あせあせ(飛び散る汗)

高台寺へ行くバスは清水・八坂神社・祇園と京都を代表する観光ルートバス
バス停に並んでいた数、何と100名以上・・・がく〜(落胆した顔)

時間もぎりぎりだったので、急遽予定を変更、人力車は午後2時〜の会に賭け、
北野天満宮の梅苑に向かうことにるんるん

直通のバスもたくさんあるのですが、バスに乗るのに並ぶ&道が混む事は4年間の京都生活で嫌と言う程体験したので、
地下鉄で京都→今出川、バスで同志社前→北野天満宮前へ。
伝統産業の日期間中、着物だったのでもちろん電車・バス代は無料無料

バスを降りて真っ先に向かったのは、天満宮ではなく・・・
Image723.jpg
粟餅所・澤屋黒ハート

北野天満宮の斜め前、京都方面から来るバス停の目の前にあるこのお店は何と
創業320年以上!!

夕方には売り切れる事もしばしばある、超有名店です☆

実はみぅ、北野天満宮の横に4年間住んでいました家
しかし灯台もと暗し、今までこの粟餅を味わったことがないのですバッド(下向き矢印)
何故かみぅの家に遊びに来た母はこの粟餅を気に入り、みぅが学校に言っている間に何度も味わっていたというのに・・・(ちょっと根に持ってる)

a1CIMG0086.JPG期待を胸にがらがらっと扉を開けると狭い店内は超満員あせあせ(飛び散る汗)
入り口ではせっせと慣れた手つきで粟餅製造中ぴかぴか(新しい)
写真には餡子担当の方しか写っていませんが、この左に餅担当の人が、くるくると整形した粟の餅をぺいっexclamationぺいっexclamationと餡子の容器に投げ込んでいます。
(写真の粟餅はちょうど餡の中へ飛び込んできた所ですどんっ(衝撃))
そう、こちらのお店では、こうやって
作りたての
粟餅
を頂けるのですレストラン黒ハート

Image730.jpg
店は混雑していたので天満宮の中で食べようと、
1人前(510円)

分をお持ち帰り♪

いっただっきまぁ〜す(人^∀^)ハートたち(複数ハート)(^∀^人)

←ちょっと寄ってますがたらーっ(汗)
あんこでくるんだ粟餅が3つと、きな粉がかかった粟餅が2つ。
出来立てはたっぷりのきな粉がさらさらとかかっていましたが、さすがに30分くらいたって開けたので餅に馴染んでいます。

Image731.jpg
まずはあんこから♪
ぱくっ、と一口で食べるとあんこの品の良い甘さと、何やら香ばしい香りが口に広がります。
食感は米のお餅とは違って、もっと歯切れ良い感じです。
しっとり軽い食感で、口の中ですっーと消えていきます。

きな粉の方は結構甘めで、あんこよりもいっそう粟餅の食感が楽しめます。

美味ヾ(≧ω≦)ノ〃黒ハート

合計5ケ、二人であっという間になくなりましたー(長音記号1)

最近では作り手が減って、調達も難しくなってきているらしい粟を使った粟餅、北野天満宮近くへ行く時は是非また♪と思う一品でした。

本当の出来立てですので、イートインまたは買ってすぐのお召し上がりをおすすめします☆

『着物で京都4.北野天満宮梅苑』へ続く。。。

☆★☆★新婚週末婚4ヶ月と5日目☆★☆★
今日の高松は雨。日中はパンダ邸でころころして過ごしました家
先日購入した深皿付きホットプレートで夕食にカレー鍋をお腹いっぱい食べて
ころん、とまた仮眠したらすぐに一日が終わってしまいますたらーっ(汗)
0時半発、朝4時半着のフェリーで帰って明日も仕事。
パンダと過ごす週末は、楽しいけれどとっても短いのでした(ノ;)

2008年03月29日

着物で京都2 京野菜たわわ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
桜が満開になる前に京都紀行をお伝えしたかったのですが、
月曜に祖父が急逝し実家に帰っていた為更新が止まってしまいました。
ちょこちょこと遊びに来てくださった皆様、お待たせして申し訳ありませんでした。
初めて『最期を看取る』という経験をし、色々考えさせられた一週間でしたが、
1日1日を大切に、幸せに暮らしたいと当たり前の事を改めて大切に思いました。
これからも色んな『楽しい』『美味しい』『幸せ』を皆様と共有出来たら、と思います。
これからも宜しくお願いしますo(^-^)o
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第1週目の遅いランチ…?早いディナー…?は新風館のtawawaで☆

こちらは『京野菜』という確固たる軸を中心に、色々な関連事業を展開されている『かね正』さんの外食事業です。
この新風館店と、我が母校立命館大学の二条キャンパス内の二条店との二店舗です。
(…と言ってもみぅが卒業時にはまだ二条キャンパスは工事中だったのですが(-_-#))

●__●
(*●ω●){せっかくだから京都らしい物食べたいね♪)
っていうパンダちゃんの意見はみぅと全く一緒だったし、
以前二条店のランチバイキングに行った時なかなか良かったので結構期待して行きました。
(そのときの記事はこちら→たわわ2条店)


…が…

時間が中途半端だった…(ノд`。)


14時からの無料人力車に、16時までの梅苑に、と時間ぎりぎりで京都をぐるぐるして結局間に合わなかった二人には、ご飯を食べる時間もなくてこんなアイドルタイムになってしまったのですが…
ランチタイムだったら同価格帯でバイキングがついていました(涙)


今回頼んだのはアイドルタイム用メニューから。
(HPに記載がないので名前適当です)
080315_1704~01.jpgパンダ:本日のランチ
・京野菜のセットサラダ
・ポークソテー 京野菜のグリル添え
・パン2種


1000円ちょっと、だったかな?
ポークソテーは食にさほどうるさくないパンダにまで
「…微妙…冷えてるし…´д`」
と言われる残念な物でしたが、(時間が時間だったし、夜に貸切の予定入ってたからたまたまかもしれませんが)
お野菜は、さすが!

ポークソテーより添えてる野菜の方が素材の旨みが出ていてよっぽど美味しいです。

適度に食感を残しつつ、旨みがよく出る加熱度合い。
やっぱり素材が良いとシンプルな調理でも美味しいのですね…安い野菜ばかり買ってる自分を反省↓

080315_1701~01.jpgまずセットサラダのボリュームがこんなにあるのが素晴らしい♪
セットサラダって一般的にグリーンサラダにドレッシングちょちょっとかけたよ
うな物が多い分、こんな風に色々出てくると印象に残ります。
皮付きのジャガイモの蒸した物がほくほくしていて、サラダにトッピングされたサツマイモチップスが
パリパリしていて、食感と素材の味が楽しめるサラダです。
味付けは全体的に控えめ、かな。

080315_1702~01.jpg

みぅが頼んだのは
・本日のパスタ ¥780
じゃがいもと水菜のトマトクリームソース



こちらも味付けは薄めで、トマトの風味がしっかりするトマト強めのソースでした。

食事を単品で頼んだみぅにはどうしても気になるものが・・・。

それはぴかぴか(新しい)京野菜のパフェぴかぴか(新しい)

他にもイチゴやバナナなど無難に美味しそうなスイーツがたくさんあったのですが・・・
えぃっexclamation冒険しちゃえexclamation×2

080315_1723~01.jpg
←こちらがその京野菜のパフェ

トッピングは
イチゴ、りんご、オレンジ?、
ブルーベリー、
かぼちゃのチップス、
サツマイモのチップス


と、割と普通・・・?かなexclamation&question
チップスはパリパリ、とスナック感覚。

食べ進めていくと・・・

080315_1725~01.jpg
何やらふわふわの緑色のスポンジ。
何の味なのかはわかりませんでしたが、
ふわふわのシフォンケーキのようで
美味しいるんるん
それからアイスとー、
・・・
・・・
にんじんのシャーベットexclamation&question


080315_1731~01.jpg
さらに食べ進めていくと・・・

じゃがいものシャーベットexclamation&question

トマトのゼリーexclamation&question

あとはコーンフレークとかなのですが・・・
新しい・・・(*д*)

素材の味がしっかり活きた、不思議なパフェでした(笑)

次はランチバイキングのときに行こう♪

2008年03月23日

着物で京都1.平安神宮

着物で京都散策、1日目の最初の場所は・・・
CIMG0449.JPG平安神宮
です☆

桜の名所、時代祭などで知られる神社です。観光名所の一つですが金閣寺や清水寺ほどメジャーではないのかな???
4年間京都に住んでいたみぅも、初めて行きました。

幸い雲一つない青空晴れ
青空と朱色の門のコントラストが何とも美しかったですぴかぴか(新しい)

この門は朝廷で政務・重要な儀式を行う場の正門である、平安時代の応天門を模しているそうです。
CIMG0452.JPG「模している・・・???」
と疑問に思ってパンフレットなどを見た所、
平安神宮の歴史は意外と浅いらしいですね(**)
1895年(明治28年)に平安遷都1100年を記念して造られたそうです☆

とは言え、平安京の正庁が再現されているという門の中に入ると・・・まるでタイムスリップしたよう目

中に入ると、周辺の建物は一切見えず、360℃見渡しても見えるのは青空と白い砂利、朱と若竹色の建物だけ。
とっても不思議な気持ちでした。
CIMG0454.JPGCIMG0453.JPGCIMG0455.JPG←中から正門の方を見渡すとこんな感じ。
平安時代もこんな感じだったのでしょうか(^^)

平安気分(?)に浸った後は、国の『名勝』にも指定されている約10000坪の日本庭園「神苑」へ。
入苑料は大人600円ですが、伝統産業期間中は着物の方は入苑無料です(^^)手(チョキ)
年に数回、無料の日もあるようですよ無料


CIMG0456.JPGあいにく時期が中途半端だったので花
の競演は見れませんでしたがあせあせ(飛び散る汗)
4月は桜、5月は杜若、6月は花菖蒲、
初夏から秋口にかけては睡蓮・・・
と季節の花々がきっと見事なんだろうなぁと思わせる造りでした。
桜の季節にまた是非一度来てみたいexclamation×2

←こちらは蒼龍池に浮かぶ「臥龍橋(ガリュウキョウ)」という名の飛び石。
「龍の背にのって池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」という造園家の意図が込められているそうですが・・・
落ちないように渡る事でいっぱいいっぱいたらーっ(汗)
CIMG0461.JPGこの辺りからは花の季節はよりいっそう
でしょうが、年中楽しめる景観が
広がっています。
もともとは京都御所(昔の皇居)に
あったという泰平閣(タイヘイカク)、
通称橋殿 →→→→→→
では橋の両端がベンチのように
なっており、池を眺めながら休憩が出来ます。

CIMG0463.JPG

みぅ達も一休み☆
あんまりゆっくり出来なかったのですが、鯉がゆったりと泳ぎ、鴨が日向の石の上でお昼寝している様子を見るととってものんびりできます。
鯉の餌も売っていました◎
本州にはここでしか生存が確認されていない種類の亀などもいるようですよ。

CIMG0464.JPG紅しだれ桜が満開になる頃にはどんなに素晴らしいことでしょうね(≧∀≦)

パンダちゃんと

「また来たいね

(*´∀`))((●ω●*)」

と思う場所が、

また一つ増えたのでした。


☆★☆☆★☆新婚週末婚3ヶ月と28日目☆★☆☆★☆
今日は昨日の京都散策で疲れたのか、パンダちゃんは寝てばかり(*_*)
12時半におきて朝ご飯を食べて、新婚さんいらっしゃいを見た後5時頃まで
昼寝して、起きてみぅの力作クリームシチューを食べてまたお昼寝・・・たらーっ(汗)
一つ困るのが、最近はみぅもつられて寝てしまう事が増えたことあせあせ(飛び散る汗)
夫婦ってやっぱり似るものなんですかね。。。(^^たらーっ(汗))

2008年03月22日

夫婦、着物で京都♪〜伝統産業の日〜

先週の土曜日(3/15)と今週の土曜日(3/22)、2週連続

夫婦揃って着物で京都へ行ってきました揺れるハート

何故着物だったかと言うと・・・
080323_1143~01.jpg「伝統産業の日」期間中、
着物で京都を訪れると
☆市バス・地下鉄乗車無料

☆一部施設入場無料

☆先着順で人力車無料


ととってもぴかぴか(新しい)お得ぴかぴか(新しい)だったから♪
↑相変わらず『お得』に弱い夫婦(笑)

ちょうど梅のシーズンだし、気候も良くなって来たし、
たまには夫婦揃って着物で京都散策も雅かな・・・
と思いまして♪

2日間のスケジュールはこんな感じ☆
<1週目>
平安神宮散策 → 新風館「たわわ」でご飯
無料夫婦で 交通費 2220円 入場料 1200円 計3420円分お得無料
<2週目>
北野天満宮で梅苑観賞 → 八百屋のカフェ「市文字屋興三郎」でランチ →
人力車体験 → ねねの道・2年坂・産寧坂散策 → 清水寺 → 
京都のチェーン居酒屋『ももじろう』(着物と合わない店:笑)で旧友まじえて飲みビール
無料夫婦で 交通費 3100円 人力車 3000円 計6100円分お得無料

何故2週連続で言ったのか、何故1週目はやたらシンプルなのかは・・・

先着順で定員オーバーの為人力車に乗れず、
市バスが渋滞に巻き込まれ行きたかった天満宮も二条城も閉園時間に間に合わず、
1週目はとっても消化不良だったのでリベンジのため・・・ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)(笑)

そんな嫁のくだらない意地に付き合ってくれたパンダちゃんに感謝しながら、
今週はお得で楽しかった京都散策の記事をUPしていきますグッド(上向き矢印)

北野天満宮の梅に合わせて、京都散策レポの間はブログも『和・梅』な感じのデザインにしてみました黒ハート

もうじき桜の季節、京都がいっそう美しくなる時期ですよー(^∀^)ノ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。